書籍・DVD

-------- 「星つむぎの歌」が絵本になりました

山梨県立科学館様で2008年1月から7月まで上映されたプラネタリウム番組「星つむぎの歌」が、CD付き絵本になりました。 詩人、覚和歌子さんの脚本と、大野舞さんのイラスト、平原綾香さんの歌うテーマ曲で、非常に好評を博した番組です。 弊社スタッフが映像演出として参加しています。 この番組が、CD絵本として生まれ変わりました。 番組の脚本家で詩人の「覚和歌子」さんによる朗読と、テーマ曲「星つむぎの歌」(歌:平原綾香、作曲」財津和夫) を聞きながら、絵本をめくってみてください。 番組をご覧になった方も、まだご覧になっていない方も、物語の世界を お楽しみいただけるでしょう。

(c)Kyobunsya

星つむぎの歌とは?
JAXA 宇宙航空研究開発機構の提唱で全国で始まった「宇宙連詩」。 宇宙について詠んだ言葉を、次々とたくさんの人がリレーしてひとつの詩にしよう、という試みです。 「星つむぎの歌」は、その山梨版。山梨県立科学館が中心となって進められたプロジェクトです。 全国から2000人を超える応募があり、みなさんの思いをつづった「詩」ができました。 作曲は、財津和夫さん、歌は平原綾香さん。この曲と連動した、プラネタリウム番組「星つむぎの歌」 もまた、星空への皆さんの思いをつむぐ物語となっています。

全国書店にて4月25日より発売! 
↓AMAZONでもお買い求めいただけます
星つむぎの歌―朗読CD付 朗読 覚和歌子 歌 平原綾香